瑞鳳殿のご案内

瑞鳳殿境内の霊屋・史跡・施設をご紹介いたします。

瑞鳳殿 ZUIHODEN


瑞鳳殿は1636(寛永13)年、70歳で生涯を閉じた仙台藩祖伊達政宗公の遺命により、
その翌年ここ経ケ峯に造営された霊屋(おたまや)です。
瑞鳳殿は、本殿、拝殿、御供所、涅槃門からなり、
桃山文化の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築として1931(昭和6)年、
国宝に指定されましたが、1945(昭和20)年の戦災で惜しくも焼失しました。
現在の建物は規模、装飾ともに、焼失以前の瑞鳳殿を範とし、1979(昭和54)年に再建されたものです。
平成13年(2001)に、仙台開府四百年を記念して大改修工事が実施され、
柱には彫刻獅子頭を、屋根には竜頭瓦を復元し、創建当時の姿が甦りました。

感仙殿 KANSENDEN


感仙殿は二代藩主伊達忠宗公(1599~1658)の霊屋であり、瑞鳳殿と同等の華麗なものでしたが、明治初年に本殿を除いて取り壊され、残った本殿も昭和20年の戦災で焼失しました。
現在の霊屋は瑞鳳殿に続いて再建が進められ、昭和60年に完成したものです。

善応殿 ZENNODEN


善応殿は三代藩主伊達綱宗公の霊屋で、感仙殿と同様に造営されましたが、昭和20年の戦災で焼失し、昭和60年感仙殿とともに再建されました。
善応殿には焼失以前の資料が乏しかったため、種々の検討の結果、綱宗公が好んで描かれた「鳳凰」と「牡丹」を装飾に採用しました。

妙雲界廟 MYOUNKAIBYO


感仙殿北側には九代藩主周宗公、十一代藩主斉義公夫妻の墓所である妙雲界廟があります。

御子様御廟 OKOSAMAGOBYO


参道入口には五代藩主吉村公以後歴代藩主 公子公女の墓所である御子様御廟があります。

資料館 ZUIHODEN Museum


瑞鳳殿の施設の一部であった御供所を再建し、内部を資料館としています。空襲で焼失した伊達三代の霊屋が再建される際に行われた発掘調査では、遺骨をはじめ副葬品などの貴重な資料が数多く発見されています。
瑞鳳殿資料館では発掘調査の模様を20分の記録映画にして上映しているほか、副葬品、遺骨調査資料、遺骨のレプリカを元にして精密に復元された三藩主の容貌像を展示解説しています。
*資料館内での写真及び動画の撮影はご遠慮ください

上へ戻る